日本平動物園

地域紹介

11月に入った秋晴れの日曜日、末娘にせがまれ日本平動物園に行ってきました。

この日は第2から第4駐車場まで満車の大盛況ぶり。

車を走らせ走らせ、正面入口近くの一番奥の駐車場に停車。

ふれあい広場側の入り口から入ることが多かったのですが、久々に正面入口からの入場となりました。

入り口前のバス停。

かわいらしいフラミンゴのオブジェがお出迎え。

娘、大興奮。

バスを待っているわけでもないのに、待合ベンチにしばらく居座って、フラミンゴオブジェさんとの、とりとめもないおしゃべりがしばらく続きます。

 

今日は母と末っ子の二人だけでのデート。

いつもなら兄姉にせかされて、自由に行動できないけど、気の済むまでたっぷりおしゃべりを楽しめたようです。

 

私が子供の頃とはだいぶ様変わりして、きれいになったエントランス。

そのころの我が家には自家用車がなく、電車とバスを乗り継いで、はるばる来たのを思い出します。

動物園の帰りにバスを待ちながら、巨大なペロペロキャンディーを買ってもらい食べた思い出があります。

こんな私も人の親になって、我が子を連れて遊びに来るなんて。

なんて感慨深い。

 
 
 

やっとのことで入場。

まずはレッサーパンダです。

親のわたしがうきうきしているのを知ってか知らずか、動物を見るのもそこそこに、入り口すぐの広場に向かってダッシュする娘。

大興奮が止まりません。

その先にはお猿さんもいるよー。

チンパンジーの赤ちゃんもいるんだよー。

走るの大好きな娘。

かわいい動物たちも、開放感でいっぱいの広い敷地と、長い長い坂道には勝てないようなのでした。

 
 

しろくまのいる建物まで到着すると、何を思ったのかくるりと踵をかえし、今来た道を逆走。

解き放たれ、ものすごい瞬発力を発揮する3歳児。

まったく行動が予測できません。

 

このままでは動物園に来た意味がまったくない‥

 

なだめすかしながら、なんとか今来た道を戻り、しろくまのいる建物へ。

初っ端から、このなかなかの勾配の往復についていけません。

 
 

しろくまのいる建物でやっと一息。

そこでサービス精神旺盛なアザラシに遭遇。

水槽内をぐるぐる泳ぎ回って、何度も展示用のパイプ水槽を通ってくれました。

娘、本日三度目の大興奮。

アザラシの一挙手一投足にくぎ付けになってひたすらに追いかけていました。

 
 

次はうさぎに会いに、ふれあい広場に向かいます。

本来はメインであろう、ぞうやきりんのエリアをショートカットし、移動します。

只今、コロナ渦の影響でうさぎやひよこなどのふれあいイベントは中止になっていました。

お目当てのうさぎはケージに入っているところをガラス越しにみられるだけ。

しょんぼりしている娘の目に飛び込んできたのは‥

近くにあった手洗い場にちょこんと座っているうさぎさんでした。

となりにはことりさんやかめさんも。

すべての水道で手を洗い満足な娘。

ちっちゃなウサギさんに会えて嬉しかったようです。

 
 
 

二時間半たっぷり歩き回って私も娘もくたくたに‥

たくさんの可愛い動物たちと、抜けるような青空に癒やされて、心地よい疲労感に包まれたある休日でした。

 
 

■日本平動物園■

静岡市駿河区池田1767-6

054-262-3251

9:00〜16:30(入園は16:00まで)

毎週月曜休園日

タイトルとURLをコピーしました