先祖への想いを込めて 巴川灯ろうまつり

亡き先祖を想い全国各地で行われる灯ろう流し。
水害や河川の汚染問題で中止と復活を繰り返しながら受け継がれ、250年余の伝統を持つ清水の文化として毎年7月16日に行われます。
七夕まつり、みなとまつりと共に地元で親しまれる夏のビッグイベントとなっています。


 


巴川灯ろうまつりとは?

もともとは一般的な灯ろう流しと同じく先祖への供養がはじまりです。
しかし、いつからか灯ろうの中には「奉納大明神」「町内安全」などと書かれたものも流されるようになりました。
これはこの地域の漁師、船頭が信仰していた「大瀬大明神」という神様への献灯するためのものです。
大瀬大明神は沼津に祀られている神様。巴川へ流した灯ろうが、清水港から駿河湾へ出てやがて大瀬大明神まで届くと信じられています。
このことから、巴川の灯ろう流しでは、先祖供養の他にも安全祈願・商売繁盛を祈願するようになっていきました。

清水区を貫く巴川を覆い尽くす約4000個の灯ろう


先祖への供養や航海の安全、商売繁盛を祈願して流される灯ろう。
一番上流にある稚児橋を含めて全部で5か所から流される灯ろうは全部で約4000個。
巴川を覆い尽くすほどの数に上ります。
灯ろうがゆっくりと駿河湾へ向けて流れていく様子は実に趣があります。

灯ろうまつりを盛り上げる手筒花火

灯ろう流しのスタート地点、稚児橋で毎年行われる灯ろう流しに並ぶこの祭このまつりのメインイベントです。
手筒花火は迫力満点!
巴川を静かに流れる灯ろうと橋の上で激しく爆ぜる手筒花火のコラボレーションが清水の夜を彩ります。


巴川灯ろうまつり2018
開催日 2018/7/16(月)
開催時間 18:30~21:00
開催場所 巴川周辺(稚児橋よりも下流)
アクセス 静岡鉄道 新清水駅 徒歩9分(稚児橋まで)
お問い合わせ 清水巴川灯ろうまつり実行委員会
電話番号 054-353-3401
公式サイト http://shimizutanabata.com/tourou/

※特設駐車場などはありません!近くのコインパーキングのご利用にご協力ください。