投稿者「森藤大志」のアーカイブ

浅間通り、長谷通商店街周辺のお祭り「日・タイ友好 長政まつり」

สวัสดีครับ!(サワディークラップ)!
くらしず運営チームです!

いきなりですが知っていますか?
実は静岡市、タイ王国とは浅からぬご縁があるんです。
時はさかのぼる事およそ400年、現在の静岡市葵区馬場町という小さな町から、タイ王国の英雄が登場しました。
その名は「山田長政」
あまり聞いたことのない名前かもしれませんが、タイでは映画になるほどの有名人。

なんとこの方、日本人傭兵隊としてアユタヤー王朝(現タイの中部アユタヤ)へ渡り、スペインの艦隊から2度にわたり、国土を守る等、八面六臂の大活躍!
活躍が認められてついにはシャム(現在のシリア・アラブ共和国レバノン、ヨルダン、パレスチナ、イスラエル周辺)の王女と結婚したとか!

江戸時代、東京ドームより少し狭いくらいのこの町から、他国の英雄が生まれた!
壮大な英雄譚だと思いませんか?

前置きが長くなりましたが、そんなわけで、タイ王国とは400年も前からご縁があるんです。

さて、本題です!

毎年10月になると、馬場町を擁する浅間通り商店街では「日・タイ友好 長政まつり」が開催されます!
タイの料理や雑貨の出店、タイ舞踊、そしてなんと!ムエタイ披露・体験!と、この様にイベント充実!

美味しい食べ物やお酒に舌鼓を打つのも良し!
異国文化に触れるも良し!
浅間通りの周辺は、こんな素敵なイベントやお祭りが沢山の魅力的なエリア!

是非、くらしずで浅間通りエリアのお部屋を探してみて下さい!
http://bit.ly/2QtSP1K

※山田長政の生涯については諸説ございます。

 

静岡市を代表する文教地区。安東・大岩地区

ここ安東、大岩地区は静岡市でも有数の人気エリア。
転勤で静岡に引っ越しされた方にも人気です。
人気の秘密は4つのポイント。

1・治安

この辺りは戦火を逃れた旧来からの住宅地域。
旧家、著名人の邸宅も多く住民の防犯意識が比較的高い地区です。
静岡県知事の公舎が有ることからも、治安の良さは想像に難くありません。

2・安心

安東、大岩地区の人気のポイント二つ目。
万が一の事故や病気に対応できる、総合病院へのアクセスが良い事。
大岩方面であれば県立総合病院
安東方面であれば、静岡市立病院と静岡赤十字病院が近くにあります。
又、開業医も多く健康面でも安心なエリアです。

3・教育

教育熱心!
安東小学校の歴史は古く、1872年の学制発布(日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令)日本近代における最初期の小学校です。
静岡市においては市立よりも公立のほうが学力が高い傾向があり、その中でも安東小学校、安東中学校は教育に熱心な学校として知られていています。
又、試験的に新しい取り組みを積極的に取り入れるモデル校でもあります。
閑静な住宅街、治安の良さと相まって、市内でも一にを競う人気の学区となっています。

4・グラウンドに公園、図書館など施設が充実

図書館、日本庭園、アスレチック公園、大型のグラウンド等を擁する、大型公園「城北公園」が近所です。
春には桜、さつき、ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)等の植栽が美しく、四季折々の景色が楽しめる公園。
週末にはスポーツを楽しむ親子連れなどで賑わいます。
静岡県立中央図書館は100年近い歴史を持つ大型の図書館。地域資料なども合わせると蔵書は80万札以上です。

 

静岡市立中央図書館
ヒトツバタゴの花(4月下旬公園中が此花で埋め尽くされます)
整備された城北公園内の遊歩道
お散歩コースにぴったりです

エリア内にスーパーは3件、コンビニエンスストアーは安東2件、大岩2件と生活施設も充実。
ファミリータイプから単身用まで、賃貸物件のバリエーションが多い点も魅力です。

悪い点も少々有ったりします。
例えば歩道の狭さ。
都市圏からの転勤された方には気にならないかもしれませんが、自転車の運転に自信が無い方は、一度エリア内を自転車で走ってみても良いかもしれません。

開催日が迫ってきました!安倍川花火大会

静岡市の夜空を埋め尽くす花火

夏真っ盛りの7月末日、静岡市の夜空を1万5千発の打ち上げ花火が埋め尽くします。

静岡県内最大規模の花火大会「安倍川花火大会」
昭和28年、戦争の戦没者の慰霊と鎮魂の為に始まったこの大会も今年で65回目。

熱海の海上花火大会、ふくろい遠州の花火大会と並び、静岡県内でも最大規模の花火大会なんです。
一日の開催だけですが、期間中の人出は60万人超!と、ほぼ静岡市の人口と同じ程度と大変な賑わいを見せます。

安倍川花火大会イメージ

当日、会場周辺は人にあふれ、一般道は完全にマヒ状態。
人込みをかき分け、会場にたどり着くまでに数十分は掛かってしまいます。
それを知っている方々は、朝から場所取りをするんです。

花火を眺める一番の特等席!

そんな混雑をしり目に、夜空に広がる花火をゆったりと楽しめるエリアが「安倍川公園」の周辺エリア。
この辺りなら会場に近いだけではなく、視界を妨げるような高層建築もほとんどありませんから、お部屋の中でゆっくりと花火を楽しむ事が出来ますよ!

くらしずに掲載中のお部屋の中から、安倍川公園周辺の物件を集めてみました!

こちらからどうぞ

賑やかな花火大会の裏で 戦没者慰霊祭

さて、この花火大会。
冒頭で書いた通り、戦没者の慰霊と鎮魂が目的。
花火大会の当日と翌日、何が行われているのをご存知ですか?
<慰霊祭の様子>


動画は身延山大学の学生(修行僧)さんたちの行列の様子です。
当日打ちあがる15,000発の花火を楽しむのも良いですが、大会当日のお昼ごろには、安倍川の河川敷で慰霊祭が執り行われます。
宮司さんやお坊さん、牧師さん等々。宗教の垣根を超えて鎮魂する慰霊祭。
こちらもお時間がある方は、こちらにも足を運んでみては?

そして大会翌日にはゴミ拾いのボランティアの方々が。
ゴミも勿論大変な量が捨てられるのですが、実は花火の破片も相当な量がかなり遠くまで飛び散っているのです。
これを近所の方や、企業・団体の皆さんが清掃しているんですね。知ってました?